働かない働き方

未経験からWEBデザイナー!私がクリエイターを目指したわけ「働かない働き方」の一歩目は?

投稿日:2019年8月18日 更新日:

私のこれまでについて簡単に書いておこうと思います。

何も目標のなかった20代の私。

20歳の頃。短大を卒業する時には私は何も目標を持っていませんでした。
大学を卒業したら働くということはわかっていましたが、ろくにビジョンもなく、2年生の時には公務員試験の勉強をなんとなくしていたりして、就職活動はまるでやっていませんでした。
卒業してからも半年ほどアルバイトをしながら具体的な目標はなく、ようやく9月になり、卒業した大学の就職課へ。そこで有名企業の関連会社に応募し、総務課へ配属されました。
7年間総務課の仕事をしていたのですが、総務という仕事内容に意欲がわかず、仕事は全く好きではありませんでした。

唯一やりがいを持てた社内報の担当をきっかけに、当時はまだ先駆けであったホームページ制作に興味を持ち、WEBデザイナーって私にもできるのかなあと思い始めた矢先、1つ上の先輩から「SさんはWEBデザイナーに向いてるんじゃない」といわれたことが、今でも印象に残っています。
27歳、当時何も目標のなかった私がWEBデザイナーを志すきっかけはそのひとことでした。

クリエイターってかっこいい!未経験からWEBデザイナーを目指すことに。

またそのころ、イラストレーターのおおたうにさんの「チェリーコーク」という本が大好きで、「うにっき」を夢中で読んでいました。

ブログがまだ流行りだす前、そのクリエイターさんたちの日常をつづった本「うにっき」ではファッションセンスが高く、クリエイターさんたちが当時楽しそうにパーティやクラブでおしゃれを楽しんでいるのに憧れたものです!

クリエイターってセンスが良くておしゃれ。WEBデザインってかっこいい!私も何かを生み出すことがしてみたい!とただカッコいいからやってみようという軽い動機でしたが、決めたからには転職に向けて学校に通ったり、独学で勉強をしたり、かなり本気で取り組みました。

リストラからアシスタントデザイナーに・・・ 働きすぎて・・・離婚。

働きながらWEBのスクールに通う日々。時代は、大規模リストラの時代へ。
グループ会社全体で何万人ものリストラが決まり、自分の会社も吸収合併され、当然自分もリストラ対象でした。

そのタイミングでちょうど結婚も決まり、これからWEBデザイナーとして再出発することになった私は制作会社でアシスタントデザイナーとして働くことになりました。

ですが仕事に真面目になりすぎる性格が災いして、仕事を続けるうち、終電でも帰れない日々を過ごすようになり、パートナー
にも愛想をつかされ新婚早々離婚の危機に直面し、1年弱しか仕事は続きませんでした。

徹夜残業でもお給料が出ないブラックな会社でしたが、ここではテクニックだけじゃなく、企画提案、プロの現場を知るうえで、デザイン会社で学んだことは大きかったです。

WEBデザインのスキルを活かして派遣社員に。

結局離婚を回避することはできず、離婚のショックから体調をくずし実家に帰る気持ちにもなれず都内に一人暮らしすることになりました。
サービス残業、深夜勤務などブラックな制作会社の就業体制に懲りた私は、残業なしで確実に稼げる派遣社員になりました。
派遣の仕事では大手企業を中心にWEBデザインのスキルが活かせたことが大きな自信につながり、会社を変えながらも充実した日々を過ごせるようになりました。

そうしているうちに元の旦那と再婚・・・出産を機に派遣契約が突然打ち切りに。

なんと、2年後また同じパートナーと再婚することになり(長くなるので省略します)また私にとっての幸せな日々が戻ってきました。
派遣社員として働く中でようやく妊娠が叶い、派遣先に報告すると・・・。今すぐ契約を終了したいと。
出産直前まで働いて今後に備えたかったのですが、あっけなく打ち切りにあいました。
派遣の立場は本当にあやういものだとつくづく実感し、私のキャリアは一旦リセットとなりました。

楽しい子育てライフを満喫・・・しかし!

子供が生まれてからは毎日赤ちゃんと幸せに過ごし、子育て支援センターでも友達がたくさんできました。
ベビーマッサージ教室に通ったり、スクラップブッキング講座、リトミック教室に通ったり。ベビーカーでいろんな場所にお出かけしたりしました。
その時しか味わえない貴重な時間を仕事のことを考えずにただ子供と過ごせた思い出は今でも大きな宝物です。
そんな楽しい時間が過ぎ、子供の1歳の誕生日を迎えました。
ママ友さんたちはほとんどが仕事を持っていて1歳までの育児休業を終え、会社に復帰していきました。
私だけ仕事がない。このまま専業主婦でいいの?キャリアは?
と考え悩み、ハローワークで仕事を探すことにしました。

パートとして再出発、7年間勤務。

たまたま駅でみつけた求人情報で、知る人ぞ知る自然食品のWEBデザイナーとして働けることになりました。
ここではデザイン、ECサイト、商品撮影、コンテンツ制作、マーケティングなどひととおりの経験を積みました。

このまま、生涯この会社で働くのかも?と思って7年間働いてきましたが、年収も頭打ちの、今のパート勤めのままではいたくない!と自分らしい働き方を探して動き出しました。

引き寄せマスター河本真さんの教材に出会う!

40歳を区切りにマインドフルネス、潜在意識、スピリチュアルを学び、Youtubeで見た河本さんを知りました。
河本さんの教材に出会ってからは、どんどん現実が変わっていきました。

セミナーに参加し個人コンサルティングを受けた後すぐに7年間勤めていたパートを辞め、今は自由に働いています。

フリーランスのWEBデザイナーとしてステップアップ

今はフリーランスでWEBデザイナーとして、サイト、LP、チラシ・パンフレット、動画制作などオールラウンダーとして活動しています。
会社にも所属していますが、作業はテレワークなので自由な時間にマイペースで働いています。

自分の強みはお客さんの悩みをヒアリングし、サイト制作だけでないWEBマーケティングのお手伝いができることです。
お客さんに喜んでもらえる仕事なのでとてもやりがいがありますし、最先端のWEB関連の技術を学びながら自分の作品がレベルアップすることがとても楽しいです。

働かない働き方に出会うまでの道のり

これまでの道のりを振り返って、今の働き方のスタイルを作っていけたのは、その時の自分の決断ではありますが、これまでの「一生パートで働き続ける」という思い込みとは正反対の、「自由で豊かなライフスタイルは実現可能」という自由な生き方をしている河本さんの影響が大きいです。

これからも物事を難しく考えすぎず一歩一歩自由な人生をクリエイトしていきたいと思います。

 

 

私の人生の転機になった河本真さんの教材はこちら

-働かない働き方

Copyright© 働かない働き方実践!アラフォー女子の起業・副業 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.